家庭から社会へ流れ出すものには、例えば排水や下水と呼ばれるものがあります。
生活排水は、キッチンやトイレやバスルームなどの水回りから、排水口に流れこんで下水に落ち、家庭から社会へ流れだすのです。
家庭から社会への排水の流れと同じように、工場やお店、あるいは工事現場など水を使うところからも水は流れ出します。排水口から下水に落ち、最終的な処理場まで流れていくのです。

そう、そのような水は、濁水処理にかけられて処理されます。濁水処理というのは、読んで字のごとく濁った水の処理であり、環境保護や公害対策を目標として行われます。
かつて日本では、1970年代に相次ぐ公害事件が起きたという歴史があります。
それ以来、そのような問題が再び社会に噴出しないように、そして社会から家庭へ浸透することがないように、濁水処理などの取り組みが研究され、実施されてきたのです。

濁水処理によって濁った水、排された水が処理されるのと同じように、家庭から社会にそのような水を流し込まないために行われる取り組みもあります。
家庭や、あるいは工場やお店、工事現場などで行われる取り組みです。
そのひとつが、油処理剤を使った油の処理です。家庭や工場、あるいは道の側溝から下水へ落ち込んで流れていく水の中に、余計な油分を含ませないように行うのが、油処理剤による処理ということになります。
油処理剤は、その名の通り油の処理を引き受けてくれるという薬剤です。業務用の物は昔からありましたが、最近では家庭から出る油汚れの対処用に、家庭用の油処理剤というのも出ています。

おすすめサイト

大量の油を使った後はこちらの油処理剤を利用しましょう!|東京・水環エンジニアリング

  • カテゴリーなし
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930